スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植え替え

秋分の日。

IMG_6551_convert_20170924144023.jpg
素焼き鉢に放ったらかしでよく咲きました


鉢植えの彼岸花が咲きました。この花は花色といい花形といい造形的な魅力のある花です。

IMG_6542_convert_20170924144248.jpg
どうせ割らなければ抜けなかったと思います


寒蘭を植え替えようと持ち上げ少し小突いただけで割れてしまいました。春頃から鉢の真ん中あたりにヒビが入ってきていたのを忘れていました。根の力はすごいものです。写真の根は黒く写っていますが、皆元気な根です。なぜ黒く着色するのかわかりません。表皮の部分だけが黒くなることはわかっています。
植え替えの季節なので大切なものから順に始めています。

IMG_6552_convert_20170924144132.jpg
大虹の二鉢


大虹、天紫晃、琥珀殿。これらは皆思い出のある大切な蘭です。大虹はもう40年ぐらい育てているでしょうか。黒崎先生の棚で小さな2本を分けていただいたことが昨日のように思い出されます。まだ、流通するような状態ではなかったほど数が少ない蘭でした。当時、希望者は大勢おられたはずですが、こんな若造によく分けていただいたことか。世の中に数が増えた今でも我が家では大切な蘭です。
琥珀殿も仙台の蘭友から頂いたもの。当時、まだこちらの蘭屋さんも見たことないと言っていたほど貴重な蘭でした。小さな2本から毎年大きく成長し初花を見たときの感動は今も大きく残っています。鉢から抜いて水洗いし、乾かしてと1日に4~5鉢ほどしか植え替えできませんが、大切な蘭はそれでいいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Poirotさん
コメントありがとうございます。
蘭を持つ楽しみの1つに来歴があります。
当時、貴重だった蘭にはそれがありますので、いつまでも良い思い出として残ってはいるのですが、最近では物忘れが激しくてあやふやな記憶になってきています。
大虹は歴史に残る蘭だと思います。お互いに大切にしてゆきましょう。

大虹

ゴリョウさん、今晩は。
良いお話を聞かせて頂きました。

来歴が分かる蘭を育てているのは、羨ましい限りです。
物語を次の方に伝えていける蘭は、きっと大切にされ続けて
いくと思います。

私も大虹を育てています。業者からの入手ですがきっと物語
があるはずです。大切にしていきたいと思いました。
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。