虎だし

 例年の真夏の行事。虎出しです。

IMG_6524_convert_20170806091323.jpg
焼きだし

 昨年は家人が入院し、虎出しどころではありませんでした。秋になって青葉の新子を見て今後の夏の管理が心配になり、昨秋から今春にかけて棚にある虎物の数を半分ぐらい減らしました。今年は7月に気象台から梅雨明けの宣言が出たのですが、当地では、それ以降もぐずついた天候が続き、特に朝の光が取れずに困っています。虎の出具合も今ひとつ。虎は何年か青葉を続けますと、癖がついてしまってなかなか良い柄に戻らなくなることがあるので、毎年柄出しを続けなければなりません。特に守門山、麒麟山などはその傾向にあります。
 早朝の涼しい時間帯にかけ枠ごともやのかかった弱い光を直接当てます。あまり長時間当てていると熱で葉が焦げてきますし、鉢の温度が上がって根を痛めてしまいますので様子を見ながら行います。安積猛虎や越後富士のようなものは最初から寒冷紗1枚ぐらいの遮光で済むので鉢の出し入れはしません。
 縞と違い、虎は春の芽出しを遅くすることが良い柄を出す条件の1つですが、なかなか思うようにはいきません。今年も早ばやと凝ったような新子が出てきて柄の暗い鉢がいくつかあります。
 暦のうえでは明日が立秋ですが、昨日今日と昼前に蘭舎の気温が38度になりました。

IMG_6525_convert_20170806091347.jpg
日影に取り込み
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード