青花

 5月の声を聞いて今年最初の置き肥を与えました。私は施肥は一年で5月と6月の2回だけ。液肥も与えませんので肥料はごく少ない方でしょう。根が動き出したので水やり間隔も短めになってきました。上砂が乾いてから1日おいて与えます。年間を通して日射と水と風を考え締まった木を作るようにします。

 今年私の棚では初めて葵龍に花がつきました。咲いてみるとなかなかの円弁花。花弁に紅筋もなくすっきりとした花です。木がまだ小さいので本来の花には遠いのかもしれませんが、素性の良さははっきりとしています。このような花を見ると青花もまた良いですね。葵龍は対馬産。新子は一年で伸びきらずなかなか増えてくれません。

IMG_6489_convert_20170429193729.jpg
葵龍

 今年の六甲は長円弁に咲きました。花弁のコンペがが少ないので本芸ではありません。木の力が弱く葉のコンペも少ないと花のコンペも出ないのだと思います。六甲は新芽が親バルブの下から出やすいので株立ちにはできません。それで、木に力をつけるには常に数本立ちで上作を続けねばならないので栽培には気を使います。兵庫県の山から出て30年ほど経っていますが、株数は非常に少ない品種です。

IMG_6464_convert_20170429193854.jpg
六甲
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

青花

ユンナンさん, コメントありがとうございます。
ユンナンさんも山で見つけられるかもしれませんよ。六甲は趣味者の山採りです。朱金花の次は六甲のようなものを目標にされてはいかが。

No title

毎年ゴリョウさんのブログで六甲の様子を見るのが楽しみになってしまいます。その都度咲き方が違うと一人で何役もこなす役者さんみたいですね。
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード