祥字

  祥字は我が家で一番数の多い蘭です。今年もたくさんの花を咲かせましたが、総じて花弁に醜い茶筋が入り早々に切り取ってしまった株が多くあります。祥字は咲き出しの時の花弁の翠緑色が見ものですが、この茶筋が邪魔をして魅力を消してしまっています。秋から冬にかけて当地のような暖かい地域では、蘭の蕾が動きます。特に温度に敏感な品種はこの影響を大きく受け、咲いてしまうものさえあります。祥字は花の中心にある兜が動き出すため外側の花弁が押し出され伸びきらない花弁の先が裂けてしまいます。時間が経つと醜い茶黒い傷跡になって傷んでしまいます。20年ほど前にはこのようなことはあまり起こらなかったのですが、温暖化の影響だと思われます。

IMG_6450_convert_20170406130151.jpg

 祥字は花付きの良い品種です。バルブの両端に蕾が付くこともしばしば。晩秋には良いつぼみだけを残す蕾欠きが必要です。小さな蕾は兜だけが発達し花弁が貧弱で見られません。兜と鼻頭は内側で癒着してこの部分は肉厚なのですが、外三弁は肉薄で外棚で咲かせると波打ったりよじれたりして咲いてしまいます。温室の中の湿度のある穏やかな環境で咲かせないといけません。そう思いながら外棚のままで咲く花には申し訳ないと思っています。

IMG_6472_convert_20170406130358.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード