スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素心(その1)

 4月も下旬になり、漸くどの鉢も根が伸び始めてきました。これから6月下旬までが1年で一番大事な時。肥料を与え、水を与え、木をしっかりと作ってゆきます。この2ヶ月の作が上手であれば蘭作の半分はうまくいったと言えます。

 素心花は一番好きな分野です。特に赤花素心が好きなのですが、寿紅も司御前も痛めてしまって花は遠くなっています。今年は紅寿白もキャップ外しが遅れて色が乗らず黄花素心のようになってこれもアウト。で、緑の素心をご紹介します。
 これは、昔、蘭友のMさんと滋賀県甲賀地方に山採りに行った時の収穫。植林のため山を切り拓いた場所で見晴らしも良く、お昼にしようとしたすぐそばで咲いていました。次の年にも兄弟株が採れています。山では円弁大輪一文字で軸も高く伸び素晴らしい花で咲いていました。当時の花がまだ咲かないまま、もう10年は経ってしまったでしょうか。花付きがよく毎年咲いてはくれるのですが。

IMG_4807_convert_20140420203307.jpg

 これは、紀州愛蘭会登録の白蝶。蘭友が作落させ、枯らすのはもったいないと種木を譲り受けてきたものです。まだ株が小さく、力がついていませんが、よく咲くと幅広の荷花弁に白い蝶を出します。今回は記録にとるため写真を撮りました。珍しい芸で数の少ないもので、良い花が咲いたら人気が出るものです。

IMG_4770_convert_20140427203757.jpg

 これも本咲とは遠いですが、当家に来た時は大富貴のような荷花弁の素心が咲いていました。山形県産。葉も男葉でいかにも厚肉の花を咲かせそうな雰囲気ですが、なかなか本性を表してくれません。
 花付きが悪いこと、蕾がついても秋に温度が高いと腐ってしまうことも弱点です。寒い地方のものなのでしょう。

IMG_4751_convert_20140420203645.jpg

 これは銘品の無双小町。やはり登録されるだけのものを持っています。

IMG_4812_convert_20140420203430_20140427204345ba7.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。