スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の蘭展

 仕事のわずかな合間を使って京都の植物園で開催されている寒蘭展に行ってきました。久しぶりに蘭友のMさんとHさんにも会いたくて、出かけることに。
 入口までの並木はもうすっかり紅葉が始まっていました。写真を撮っている方もちらほら。

IMG_4453.jpg

 雨のせいか園内も人影がまばら。とても広くて美しいところです。雨上がりの雲が濃淡に動いていました。ヨンキントの絵を思わせます。

IMG_4459.jpg

 寒蘭展で目に付いた蘭のご紹介。
 
 これは肥前寒蘭の梅香??…だったかな。とにかく梅の木谷の蘭です。この独特の青みのある緑とかもめ肩。こちらではあまり見られない蘭ですが、色の良さが一番の見所。色のニュアンスが違いますが阿波寒蘭の大谷の青と青花では双璧でしょうか。
 実はもう一点、会場に良い青花があったのですが、話に夢中になって写真撮影を忘れてしまいました。

IMG_4454.jpg

こちらはまだ蕾の銀河。紅の色目が鳶色を見せず、独特の色に咲きます。Mさんの作品。昔、高かった頃小さいのを何度か買って苦労して大きくしていました。銀河は小さいのを買うとこちらでは温度をかけないといつまでたっても大きくなりません。

IMG_4456.jpg

白千代は短弁で木も小ぶりです。しっかりと咲かせてしかも全花を正面に向ける思い切った咲かせ方。空間的な奥行はないけれど、花数が少ない時はこの方がアピールしています。
この作者の栽培法も独特で非常に締まった作でした。

IMG_4457.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。