FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋

秋になって寒蘭の花会のお知らせ便がいくつか届きました。休日も休みが取れないうちに秋たけなわになって植え替えもしないとと焦っています。

話が変わりますが,何気なくオークションを見ていたら,つい買ってしまいました。

 黒崎さんの本「東洋蘭 花物」がオークションに出品されていましたが,誰ひとり入札は無し。気になって最終日まで見ていましたが、やはり入札はなく私が買うことにしました。この本は以前にもご紹介しましたが、東洋蘭の本の中でも出色のもの。蘭が今様のガーデニングではなく東洋蘭として扱われた時代の本であり、当時の黒崎陽人という愛蘭家が最も脂の乗った時の書籍です。出版されてから40年あまり経過し,状態の良い本は無くなっているので,手に取った時,きっと愛蘭家が大切に持っていたのだろうなと感じます。

IMG_4411.jpg


 黒崎さんの書籍には、この後にさらにマニアック化した書籍もあるのですが、一般的に見てこちらのほうが読み易い…というかわりやすくなっています。季節ごとの管理について記載部分を読んでみましたが,やはり感慨深く,また示唆に富んで飽きが来ません。時間がゆったりと流れて,こんな時代はもう来ないのでしょうが,私にとってあの頃に引き戻してくれる音楽のような存在でもあります。

 土佐愛蘭会の書籍も送ってもらいました。昔のは持っているのですが,きっとどこかのダンボールにしまい込んであるので,探し出す時間があるなら買ったほうが早い。…で,時間を見つけては全部読んでしまいました。

秋の季節。植え替えしないといけないものがあるのですが,億劫になって息子に任せようかと。水遣りも任せっきり。蘭のことをあれこれ書く資格がなくなってきています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。