今年の花から

今年咲いた花から、奇花2点を紹介します。

 白拍子は茨城県の蘭友から届いたもので詳しい来歴は不明です。仮名品。舌と花弁の奇形化に加えてガラス花のように透き通った包皮まで花弁化しようとしています。鼻頭もいくつかが寄り固まっったりしながらも受粉はできそうです。八重咲きに向かう中途段階のようなタイプですが,ここまで変化したものはなかなか見つかるものではありません。葉は荒々しくよく伸び横に広がる粗剛な感じ。あまり曲がらず葉元が倒れる感じ。今年は鉢いっぱいの超大株に様々な様態の6輪の花が咲き乱れてこの品種の特徴がよく表れた状態に咲きました。私としては会心の作です。

IMG_3193.jpg
白拍子


IMG_3191_convert_20120617200236.jpg
白拍子アップ

  下は,私が六甲と仮名を付けている蘭。昭和の終わりごろ蘭友が兵庫県の六甲山北側の有馬で採取しました。葉は透き通ったようなコンペ覆輪が葉縁にかかる三角葉。先端が鋭く尖ります。鋸歯は強く糸針状になることも。葉面がでこぼこで硬く,それぞれの葉がくっついたまま分かれることなく伸び上がります。葉姿は時に曲がり,時に固まり,手を添えてもなかなか展開できない状態になります。新芽も潜ってしまい株立ちを作るのはは難しいです。花は舌が非常に大きく,その中に小さな紅点が縦に不ぞろいに散ります。鼻頭も発達し舌に押し広げられた内弁にもコンペが入ります。花色は全体に紅筋が通る更紗花です。外弁の形はコンペが出ない時は素直な棒状の飛肩状に咲きますが,コンペが出たときは御覧のように透き通った輪縞状の荷花弁です。コンペがどのように出現するかで花の形が大きく変化します。これは葉のコンペも同じで葉が展開するまでどのような姿になるのか想像できません。毎年花の形が変わる春蘭です。

IMG_3230.jpg
六甲

花のアップです。

IMG_3229.jpg
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【今年の花から】

今年咲いた花から、奇花2点を紹介します。 白拍子は茨城県の蘭友から届いたもので詳しい来歴は不明です。仮名品。舌と花弁の奇形化に加えてガラス花のように透き通った包皮まで花弁化しようとしています。鼻頭もいくつかが寄り固まっったりしながらも受粉はできそうです...

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございます

> コメントありがとうございます。山に行ってもなかなか見つかりそうもない変化種です。採取されてからかなり経ちますが,採取者のところではあまり増えていません。絶やさないように気をつけて栽培しています。

No title

コメントありがとうございます。山に行ってもなかなか見つかりそうもない変化種です。採取されてからかなり経ちますが,採取者のところではあまり増えていません。絶やさないように気をつけて栽培しています。

六甲。すごい葉ですね。そばにあったら葉っぱにずっと見とれて時間を忘れそうです。
何より殖えにくそうな蘭を何年も維持されて来たことに驚きです。
そんな風に僕も育てたいです。
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード