暖冬

 あけましておめでとうございます。 
 当地は 昨年から暖かい冬が続いています。春に花を咲かせる蘭にとってはあまり有り難くない暖かさです。赤花ブームの頃にはその赤の色を出すためには日平均5度前後の日が1ヶ月続く必要があるなどと言われて、冬はやっぱり寒さで寝かせ、花時には蓄えた糖分を一気に吐き出させるようにすることが良い花を咲かせるコツのように言われていました。しかし、今冬も蘭にとってはゆっくり眠れないようです。
この暖かさで、光琳や神楽姫などの早咲きの花物は蕾が動き出してきました。これでは色は期待薄です。

IMG_6274_convert_20170103113942.jpg
神楽姫



  蘭舎の西側に大きなビワの木があります。もともと西日よけに植えたものですが、今では幹幅が私の胴体より太く大きくなって枝打ちが必要になってきました。そのビワは冬に花が咲きます。花の少ない季節にハエやアブなどが花の蜜を求めてやって来ます。

IMG_6270_convert_20170103114212.jpg
何というアブでしょうか。


 この虫達を見ると私はいつもミツバチのことを思い出します。農薬でミツバチが減少しているという記事は新聞でご覧になった方も多いと思います。ネオ二コチノイドという農薬が原因かもしれないと書かれていて欧州では使用規制が取られているようです。昆虫だけでなく人間にも悪いのではないかとも言われていますが公式には影響は書かれていません。私は少し薬学をかじっていて気にする方で、時に最近記憶力が薄れボケが加速するのが心配で、この薬品の入った農薬は使わないようにしています。この農薬は我々の生活にかなり浸透しているようで、全く関係ないと思っている人の尿からも検出することがあるようです。
スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード