夏が来た

 6月初めからブログをあまり更新できませんでした。この間、名護蘭が咲き、富貴蘭も咲き。梅雨も明けてしまいました。
 6月は普段静かな蘭も一番活発な時期。毎日の新芽の変化を見るだけでも楽しいですね。今年の梅雨は本当に曇りの日が多く、日照時間が少なく気温も低い日が多かったようです。放任栽培のわが棚でも消毒殺菌剤の散布はしていました。梅雨があけ温度が高くなるとできませんので。新芽の出ていない株はもう今年はあきらめ、花芽に期待です。新芽の出過ぎた株は早めの抜き取りを行わないと作落ちし、花物など花が遠くなります。新芽の大きさが気になる時期ですが、年間の作の評価で作落ちしている株がわかるのもこの時期。私の棚では、今年は花物が良くありません。
 梅雨が明ければ肥料は中止。夏季は35度を超える一年で一番水やりの難しい時期になります。夏に伸びる寒蘭や中国春蘭、水が好きで必要な蘭、3寸小鉢、6寸大鉢、虎物で直射に当てる鉢、などなど一つひとつ違った水やりをしなければならないことは承知していますが、実行は不可能。仕方なくちいさな小鉢を基準に考えます。
 昔は夏は水を辛く作りましたが、最近は夏の湿気もなく高温になり、一気に鉢内が乾燥しすぎた状態になってしまいますので、辛い作は加減をとるのが難しくなってきました。水が甘いと根も柔らかく伸びてしまいます。このあたりが当地で姿の良い蘭ができない原因です。

IMG_5414_convert_20150720213152.jpg
無名朱紅花(愛知県産)

スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード