春天到了

 花の季節がやってきました。 

 神楽姫は毎年一番に花が咲く品種です。ものの本によると神楽姫は本来桃花の素心だとの説もあるようですが、私のは仙台のほうからやってきたものです。仙台方面では時を得て真っ赤に咲く素質がある蘭ですが、当地ではこれが精いっぱいな感じ。大輪平肩の良い姿勢で、あでやかに咲きます。数の少ない蘭ですが、知る人ぞ知る名蘭です。葉も派手なボヤが出て華麗な感じ。写真は近づき過ぎてバランスの悪い姿に写ってしまいました。
 昨年、一鉢を整理し、お譲りした先では今春3花が付き見事に咲いているようです。

神楽姫
IMG_5363_convert_20150308211909.jpg

女雛は今年はかわいく咲きました。花物春蘭栽培者なら誰もが持っている品種で、寒蘭の豊雪と同じ代表的な名品。花型、発色とも抜群です。

IMG_5462_convert_20150324210644.jpg

東源は7輪。今年の環境にすればよく咲きました。赤花ブームの頃は系統品のうわさもあり、本物を求めて熱が上がったものです。弓を引いたような緊張感のある葉姿に、時にブドウ色を含む高貴な装いを見せる花色に咲く名品。今でも葉姿との調和は一種の絵画表現に通じるほどの美を持ち続けています。

IMG_5440_convert_20150323090140.jpg
>
スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード