花会

  今年は寒蘭の花が早いようです。
  恒例の京都の寒蘭展にMr’ranさんの運転で鑑賞に行ってきました。例年ホテルの一室で行われる豪華な展示会。使用料もかなりの額になるようです。心やすい仲間内の会ですが、老齢化の問題もあって今後の開催方法について話し合われていました。どこの会も同じ問題を抱えています。


IMG_5111_convert_20141109162804.jpg


気になった花を二つ。言わずと知れた土佐の銀鈴。この品種は坪採りが多く、写真は花間のあくタイプで、賞に入るのは大抵この系統です。銀鈴はその名のとおり、鈴のようにぎっしりと花が着いた状態を評して命名されたように、本来は花間が詰まります。ぎっしりと詰まった銀嶺も形を整えるとなかなか良いものです。丁度、別系統の銀鈴も出品され比べてみる良い機会でした。


IMG_5114_convert_20141109163103.jpg


もう一つは、紀州寒蘭面滝産無名。初花のようですが、ずんぐりとした蕾に今風のぽってりした花が期待される有望品。子房も短く咲いたところを見たかった。でも、この状態であれこれと蘭友と想像を巡らせ話に花が咲きました。


IMG_5112_convert_20141109162955.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード