植え替え

  蘭舎の周りは虫の音の大合唱とともに金木犀の香りが夜の風に乗って聞こえてきます。秋の植え替えの適期です。蘭のためというより,寒くもなく暑くもなく人間の動きやすい季節なので適期にしているような感じです。蘭は再び根を伸ばし始める季節ですので、あまり植え替えにはよろしくないのではないか。実際は根を伸ばし始める少し前,8月下旬から9月中旬ぐらいが良いのではないでしょうか。ただし,花芽がついている鉢は,蕾が落ちることがあるので無理はできません。
 植え替えにはこの春から底石に赤玉土を入れています。水持ちがよいので夏場の湿度保持を期待してのことです。昔のように培養土と混ぜるのは✖ですけど。
 それと,上砂の下に元肥を入れました。東商の超発酵ものです。MrRANさんからの頂き物で、昨年は鉢の上に置きましたが,効いているような感じではなかったので中人れました。普通油粕をこんなことしたらアンモニアガスで根を痛めますが,これは大丈夫なようです。アンモニア態窒素が殆ど飛んで硝酸態になっていて、臭ってみてもほとんど無臭,表面がさらさらで分解し尽くした感じです。蘭栽培は高温時の失敗から鉢内を無機的な状態に保つことを考えてきましたが,本当はわずかでも有機物が入っている方が良いと思います。ただ,発酵したり腐ったりすると根が傷みますので✖。蘭栽培に元肥を入れることはしないのが普通。入れるとすれば安全を優先して化学肥料のマグアンプぐらいが一般的。それでも何かを入れてみて作を上げたいのが心理というものでしょうか。

IMG_5020_convert_20140927192404.jpg


 寒蘭の蕾がアザミウマにやられました。空高く乾燥した風が人間にはさわやかで良いのですが,害虫の類も活発に活動する季節なのですね。この蘭は10月下旬には咲き出すので,もう1週間早く殺虫剤を撒いておけば防げたのに残念。土佐清水産の黄葉で,蘭友に分けてから一時花が見られなかったのですが,漸く株が復活してきました。来年に期待です。

IMG_5035_convert_20140928180431.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード