遅まきな冬支度

 年末になり,寒蘭の置き場所にビニールを巻くため鉢の置き場所を再調整。
今年は師走に入った途端厳しい寒気に見舞われ,今更冬支度を始めても遅すぎなのですが・・・。師走の冷たい雨に濡れながらの作業。これだけはやってやらないと。

 寒蘭の置き場所は蘭舎の北側に細い角材を組み,ただ囲んだだけ。屋根はビニール波板を乗せただけの簡単のもので年中風さらし。なので冬だけは黒いビニールで囲うのが年末恒例の行事です。波板も割れて修理が必要なのですが,時間とやる気がありません。近年は暖冬なのでこの程度で過ごしてきました。栽培場所がなくても家の北側で空が明るければ充分作れるとはかつて宮崎の商人さんに教えられました。でも,寒蘭を本当に良く作るつもりなら,日当たりの良い蘭舎で年明けからゆっくり温める作をすればよくできます。新子が4月に出るような作です。そして冬は日を取ることですね。 

IMG_3899.jpg

 寒蘭の花を整理していたら,あらら,奥の鉢の新子がスっぽ抜けしているのが見つかりました。春蘭にせよ寒蘭にせよ今年は管理のできていない鉢が続出です。何時頃病気が出たのでしょうか。元のほうはもうかなり前に枯れて乾いてきています。本当ならもっと早く気がつき,病菌が蔓延しないようにカットしなければなりません。
 今頃気がついても遅いのでしょうが,幸い親にまで蔓延していない模様。花が咲いていたので元気だとばかり思っていました。

IMG_3863.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード