再出発

 10月に入って蘭の植え替えが本格化しています。愛好家にとっては寒蘭の蕾も伸び上がる大事な時期です。この季節,家の用事もほったらかしにするので家人からはあまり良いようには思われっていません。秋の行楽シーズンなのに我が家ではこの時期家族旅行など行ったことがありません。

IMG_3768.jpg
ちゃぼ系寒蘭

IMG_3767.jpg
切り口には融合剤

 私は1日に3鉢も植え替えると腰が痛くなるので遅々として進みません。鉢から蘭を取り出して腐った根や枯れた古い根を落とし,根を洗った後は消毒です。薬液をスプレーで噴霧します。バックを切り離したときは薬剤で切り口を消毒しておきます。根をさばき、新しい土で植え替えです。屋外での作業は寒くなるとできませんので毎年植え残しがでます。

IMG_3769.jpg


 今日,鉢を取りに納屋に入って驚きました。鉢の入ったダンボール箱が棚から落ちて中の鉢が割れています。どしようもないのは捨て,ヒビの入った物は接着剤で補強して使います。最近はプラスチック鉢が多くなってきましたが,やはり陶器製の鉢は植えた後の見栄えが全然違いますね。この秋は蘭の枯れ具合といい鉢の落下といい,悪い事続きです。

初心に戻る良い機会かも。蘭栽培は人に聞いてばかりでは上達しません。蘭と対話できるまでのめり込まねば。また,植え替えから栽培が始まります。
スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード