交配種

 ある蘭の専門書に小春は人工交配種とする噂も囁かれていると書いています。見た目がまるで女雛を想像させる姿からでしょう。

IMG_3592_convert_20120826200252.jpg
女雛× ?

 我が棚に一鉢だけ交配種があります。花を付けるまでになって花容が紅寿丸に似ているというものす。女雛と何かとの交配であるらしく蘭友が勉強のために分けてくれたもので登録品とは違います。。紅壽丸が交配種かどうかは知りませんが、かつて黒崎氏が存命の頃、北陸のYさんから命名を依頼され、花の優れた品種としてこの名を与えたいきさつは直接聞いたことがあります。写真からその姿を見ると色良し型良しですが、確かに交配を指摘される雰囲気があります。
 小春にしても,交配だという噂を耳にすると栽培者はどう思うのでしょうか。高価なれば増殖芽を売却することで栽培者を潤し孝行なことでしょうが・・・。

 妻は男のために良く機を織りお金を稼いでくれたが、「機を織る時の姿を決して見てはならぬ。幸せなままでいたいのなら・・・」と言いました。戸を開けてはならぬと言われていても、堪えてはいたがもしやと思い確かめたい一心でそっと戸を開けたとき,その姿は果たして人間ではなく鶴であった。

 噂が出ると今まで何も考えずに育てていた蘭の素性が知りたくなります。「交配ではない」と信じている人は幸せです。しかし,現在のように情報と科学が発達してくれば、真実を知りたくなり、ついに戸を開けてしまうのです。
 私の趣味は蘭を通し自然からの美的充足によって癒されています。今の登録品で一体どのぐらいが交配種なのでしょうか?
スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード