花の季節

2月から3月。このところ仕事が忙しくて蘭をかまっていられません。中国物は蕾が伸び上がり咲き始めました。なかでも元吉梅などの蕾の小さな品種は花弁と苞が引っ付いたまま咲き出し,正常には咲きあがりません。緑英などでも蕾が貧弱な場合は花弁と苞が引っ付いてしまいます。このような時,蕾が伸び上がる直前に‘耳かき‘を利用して花弁と苞を剥がしてやる作業を行います。私は毎年気温10度を越えると注意して花首が伸び折れ曲がる直前にこの作業を行うようにしています。花首の下のほうから弁先に向かって剥がしてゆきます。逆だと苞が破れてしまいます。今年は忙しくて元吉梅は手入れができないまま咲きました。でも色は良いです。これまで上手く咲いたものだけを写真に載せていましたが,駄目なのもお見せします。


IMG_2709.jpg
苞はうまくはがれましたが,剥がす時期が遅すぎました。

今年は久しぶりに老文団素に花が付きました。株分けしすぎで4年ほど見れませんでした。蕾の大きさから本咲きではないにしても楽しみです。
スポンサーサイト
プロフィール

ゴリョウ

Author:ゴリョウ
東洋蘭との日々の付き合いで感じたことを書いています。

メールはこちらまで

この中の画像をヤ0オクに転載することは固くお断りします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード